AGA治療はココにお任せ☆in仙台

alt_1
トップ > AGAの豆知識in仙台 > AGAを治すためには医療機関に行こう

AGAを治すためには医療機関に行こう

 AGAは男性の体質・遺伝によって発生する脱毛症のことであり、さまざまな脱毛症のなかでも進行性のためやっかいです。
 放置しておくと髪密度が低下してボリュームがなくなるので、早期発見と治療が必要になってきます。
 仙台でAGA対策をしたい人は、最初からAGA専門のクリニックで検査・治療を受けるのが得策です。
 AGAに効果的な発毛剤が市販されていますが、発毛剤だけで髪を増やすのは現実的に難しいです。
 女性の薄毛ですと発毛剤だけで対応できることが多いですが、男性の脱毛症であるAGAは進行が早いので、発毛剤で薄毛予防はできますが発毛は困難だと考えてください。
 他の脱毛症はセルフケアで対応できることが多いのに対して、AGAは医療機関で治療を受けないと髪のボリュームを取り戻すのは困難です。

 仙台のAGA専門クリニックで治療を受ける場合、ほとんどの男性は男性ホルモンの作用を抑制していく対策が導入されます。
 とは言っても注射や点滴が必要になるわけではなく、経口薬を毎日服用する方法になります。
 血行促進に役立つミノキシジルを処方されることもありますが、男性ホルモンを抑えることはできません。
 そのためフィナステリドやデュタステリドなどの経口薬の使用を中心とし、ミノキシジルを補助的に使用する対策が一般的に行われています。
 仙台のクリニックでのAGA治療は、基本的に薬物療法になるので継続することは容易であり、6か月の治療によって効果が認められています。
 薄毛治療ではヘアサイクルを改善させることがポイントになるので、短期間の対策では発毛を実感することが難しいと考えてください。

 仙台でAGA治療を受けるときは保険を使用できないので、自己負担で費用を見積もりしましょう。
 薬物療法にかかる費用は月に2万円くらいが相場であり、この価格は育毛サロンと比較して安く抑えられています。
 サロンのほうが安価なイメージがあるかもしれませんが、サロンではエステティシャンから手技を受けるプランが中心になるため、ひと月に5万円以上かかるケースが多々あります。
 医療機関ではシャンプーや頭皮マッサージなどは行っていないのが普通であり、これは薬物療法だけで十分な効果を期待できるためです。
 確かにAGAは生活の乱れから重症化することがありますが、最大の要因は男性ホルモンにあります。
 男性ホルモンを抑制することなく、生活を整えても発毛を期待するのは難しいです。
 仙台のクリニックでAGA治療をされる男性は、経口薬や外用薬を毎日忘れずに使用することを意識してください。
 

次の記事へ
ページトップへ