AGA治療はココにお任せ☆in仙台

alt_1
トップ > AGAの豆知識in仙台 > 医療機関での基本的なAGA治療の種類

医療機関での基本的なAGA治療の種類

 男性ホルモンの影響で起こりやすい脱毛がAGA(男性型脱毛症)です。
 主に頭頂部から脱毛するケースと側頭部から脱毛するケース、そして生え際から脱毛するケースの三つのパターンがあります。
 基本的に薄毛の予防は、育毛剤でのケアや生活習慣の改善などを心がけることで自分でもできます。
 しかし、すでに脱毛してしまってからのケアはセルフでは難しいです。
 ホルモンの影響で脱毛が顕著になってきたらなおさらのことです。
 しかし、しかるべき医療機関に行って治療を受けることで改善します。
 AGAの治療は美容皮膚科や一般皮膚科でもできるし、仙台にならAGA外来がある病院もあります。
 専門の外来ほど薄毛の研究が進んでいて、専門的な技術や設備が整っている上に専門医がいるので高度な治療が期待できます。

 では病院で具体的にどんなAGA治療をするかというと、「塗る薬」や「飲む薬」の処方が基本です。
 それにプラスしてメソセラピーやヘッドスパなどの施術コースを自分で選択することができます。
 薄毛に効くのがミノキシジルを配合した発毛剤やシャンプーです。
 ミノキシジルは毛細血管を太くして血行を促進し、毛乳頭に栄養を運ぶ効果がある成分です。
 男性のAGAはもちろん女性の薄毛にも効果があり、多くの医療機関で推奨しています。
 体内からAGAを改善できるのが飲む育毛剤のプロペシアです。
 脱毛を誘発する悪玉男性ホルモンを抑制する作用がある飲み薬で、飲んだ多くの人がその効果を実感しています。
 仙台のAGA外来などの医療機関でも、AGAと診断されて体調に問題がない限りはプロペシアが処方されることが多いです。

 脱毛の原因は男性ホルモンだけではなく、加齢やストレスや喫煙習慣や栄養バランスの乱れなど多岐に渡ります。
 なので一つの治療だけするのではなく、ミノキシジルの発毛剤やシャンプー、そしてプロペシアを併用して多角的に薄毛にアプローチすることが大切です。
 もちろん生活習慣を改善することもとても需要です。
 夜10時から2時くらいは成長ホルモンが分泌されて髪の毛の成長に大事な時間帯なので、良質な睡眠をとることが求められます。
 また、過度なストレスや喫煙習慣は毛細血管を縮めてしまうのでその結果血流が悪くなります。
 血流が悪くなると毛乳頭まで必要な栄養が届かなくなるため脱毛に繋がりやすいです。
 ストレスをため込まないで規則正しい生活を送ることは体の健康にもいいし、髪の毛にもプラスの効果をもたらしてくれます。
 

次の記事へ
ページトップへ