ローパーテーションの使用方法を説明

オフィスなどに設置されているパーテーションはオフィスの間仕切りに使用されており、可動式の家具なので容易に間取り変更ができるので便利です。オフィスではローパーテーションといって、座った時にちょうどよい高さで目線が隠れるよう、100センチから160センチほどの高さのものがよく利用されています。低めの100センチから120センチのものでは、個人のデスク周りに使う事が多く、立てば周りを見渡せるほどの高さで閉塞感がありません。また、打ち合わせスペースなどには160センチまでのものが使われることが多く、目線を気にせず打ち合わせに集中でき、かつ外の様子も分かるメリットがあります。高さに応じて使い分けでき、コミュニケーションも阻害しないので、オフィスインテリアに欠かせないものとなっています。

ローパーテーションの設置アイデアいろいろ

ローパーテーションを自立で設置するなら、L字またはコの字型のものがおすすめです。工事は必要なく、人の力で動かせるついたてのような仕組みで、手軽に設置できるのでおすすめです。一辺が4メートル以上になると不安定ですので、安全性も考慮して設置しましょう。設置の際はデスクや壁に固定し安定させましょう。素材は防火素材を使用し、オフィスの雰囲気に合った色合いのものを選びましょう。打合せスペースなら、ホワイトボードになっているローパーテーションはいかがでしょうか。また狭いスペースであれば透け感を活かしたすりガラス調のパーティションもおすすめです。ちょっとした打合せスペースにおすすめなのが、受け皿のついたフラワーボックスです。オフィスにグリーンを取り入れつつ、ちょっとした間仕切りにもなるのでおすすめです。

ローパーテーションを上手に使ってオフィスの機能性を高める

だだっ広いオフィスにデスクをたくさん並べるのではなく、集中できる環境を作るのにパーティションは活用できます。上手にパーティションを活用することでオフィスに機能性やデザイン性を持たせることができ、社内も活気づきます。とはいえ、コミュニケーションを阻害してはいけないので、ある程度オープンな環境が作れるローパーテーションがおすすめです。オフィスデザインの重要な役割でもあるパーティションは、アイデア次第でいろんな形が考えられます。周囲の視線が気にならないことで生産性を上げられたり、ゾーニングすることで動線が確保できて機能的なオフィスになったりと、オフィスのレイアウトを意識するだけでスマートになります。またセキュリティや防音といった面でも役立つので、積極的に取り入れる事をおすすめします。1枚からでも手軽に購入、接地できるパーティションの有効的な活用でオフィスを有効に使いましょう。